よくある質問と回答
[ホームページ]に戻る
古書店つのぶえに寄せられた質問と回答です。

Q.どうして代金引換郵便を利用しているのですか?
A. 通信販売システムで重要な点は、確実にお客様に商品をお届けし、 確実に代金を受け取ることにあります。このどちらかで事故が起こる 可能性が高いシステムの場合、事故を起こった場合の損失を予測して 商品の代金に上乗せするなどの対策を講じなければなりません。これ は、「良い古書を安くお客様に提供したい」という私達の願いと合致 しません。その点、代金引換郵便ですと、この事故の起こる可能性が 低く、その事故の確率が低い分だけ商品の値段を低く設定することが できます。
 また、商品の発送と代金の受け取りを一元管理できますので、通信 販売にかかる事務作業を軽減し、人件費の節約にもつながっています。
 さらに、多くの古書店では商品の仕入れはすべて現金で行っていま すが、代金の支払いが速やかに行われることで、次の商品をできるだ け早く仕入れることができます。
 以上の理由から、弊店では原則として、代金引換郵便を利用してい ます。ただ、お客様の事情により前もって代金を振り込んで頂いた後、 商品を発送するよう手配することは可能です。この場合、安全に商品 をお届けするために書留郵便で商品を発送しますが、スタッフへの事 務負担が別に発生する他、郵送料・手数料・到着時間は代金引換郵便 の場合と変わりませんので、特に必要のない限り、代金引換郵便で商 品の発送/代金のお支払いをお願いしております。
Q.注文や問い合わせは電子メールでしか受け付けないのですか?
A. もちろん、お客様すべてが電子メールを利用できるわけではありません ので、電話やFAXでのお問い合わせも可能です。ただ、つのぶえでは、 すべての事務を電子化して行っているので、電子メールよりも対応が遅く なるかもしれません。ご容赦下さい。また、電話での応答の場合、本の著 者名、書名について正確に伝わらないこともありますので、電子メールが 使えない場合、FAXをお使いいただければ間違いが少ないかと思います。
 それから、インターネットに接続できるものの、メールアドレスを持っ ていない方の場合、Webページ上でメールの読み書きのできる「フリー メール」のサービスを行っている会社が多く存在します。そのほとんどが 無量で利用できますので、電子メールアドレスをお持ちでない方は、ご利 用を検討されても良いかもしれません。旅先、特に海外などからでもメー ルのチェックができて大変便利です。
 このフリーメールでは、yahoo!の行っているもの、Microsoftが行って いるhotmailなどが有名です。
Q.つのぶえでは個人情報の保護については、どのようにお考えですか?
A. つのぶえでは、お客様からご提供いただいた下記に示す個人情報について, お客様との間での関係にのみ使用します。

お客様の個人情報
 氏名
 住所
 電話番号
 購入された古書に関する情報
 買い取りさせて頂いた古書に関する情報
 探求書に関する情報
 その他,つのぶえとの間のすべての通信の内容

つのぶえでは,上記の客様個人情報の保護に努めて参ります.

したがって、いつ誰がどのような本について問い合わせをしたとか、注文 したとかいう情報についても保護に努めております。
しかし,以上について最大限の努力をはらったにもかかわらず, 情報が盗まれたり,法律により開示が強制された場合,不可抗力による場合は 免責とさせて頂きますが, そのような事態の発生を未然に防ぐ努力をして参ります.
Q.購入した商品の返品はできますか?
A. お客様がいったん購入された商品の返品はできません。 注文時にお客様のお求めの商品であるかどうかを、確認して御注文ください。
Q.まったく同じ時期に出版された古書であるのに、販売価格の違うものがある のは何故ですか?
A. 販売価格は、目録作成時に担当者が古書の傷み具合などを入念にチェックし た上で設定しています。そのため、同じ内容の古書であっても値段の違いが発 生することになります。
Q.商品・代金の受け渡しは代金引換郵便で行うということですが、 大学などの校費の扱いはお願いできないのですか?
A. つのぶえでは原則として、後払いとなる校費の扱いをお受けしており ません。これは、弊店での古書の価格を低く抑えるために、まず現金で の取引を前提としていることに加え、代金引換郵便に一元管理すること による事務経費の削減をはかっているからです。ただ、お客様の事情に より、例えば高額な古書を購入するために図書館費で購入する以外の手 段がとれないなどの事情などに対しては、相談をお受けいたします。 メールで御連絡ください。
Q.つのぶえのメールのシグネチュア(署名)には「不用古書高価買い取り します」と入っていますが、この「不用古書」は「不要古書」の誤りでは ないのですか?
A. 誤りではありません。つのぶえでは古書店の使命を「用いなくなった書 籍」を「用いたい人」に流通させることにあると考えています。世の中の 古書には趣味としての収集を目的とするような種類のものもありますが、 そのような書籍については、「使用/不使用」は所有者が所持の前提とな らず、「不要」という文字が適当であるかもしれません。
 それに対して、つのぶえで扱う本は、収集を目的とした古書ではなく、 あくまでも実用を前提とした専門書を中心としています。そんなポリシー を反映するため「不用古書」という表記になっております。
 不用古書をお持ちの方がいらっしゃいましたら、お気軽にメールでお知 らせ下さい。
Q.Webホームページ上にキリスト教書目録が掲載されておりますが、この 目録を印刷したものはないのでしょうか?
A. つのぶえでは、現在のところすべての目録(総目録)を印刷したものは作 成しておりません。理由としては在庫状況を反映した目録をWebホームペ ージ上にに掲載することに力を注いでいるからです。しかし、公衆回線を使 ってアクセスしているお客様で、電話代などの関係ですべての目録を閲覧し づらいというお客様のご意見も頂いております。それに関しては、出版社名 やタイトルでの検索できるようなシステムが提供できるよう準備をすすめて います。また、ホームページ上の目録をCD−ROMにおさめて提供できな いか検討を行っております。
Q.ホームページ上のリンク集に掲載されている情報が古いのですが…
A. 更新すべき情報を収集しておりますが、新しい情報(正しいリンク先)の 入手に時間がかかることがあります。もし、新しい情報をお持ちでしたらお 知らせ下されば有り難く思います。お知らせ下さった情報についてはなるべ く早く掲載するよう努力したいと思っております。
Q.つのぶえの店舗の定休日などについて教えてください。
A. 日曜と水曜日にお休みを頂いている他については、原則としてお休みは いただいておりません。ただ、遠方からお越しの際には、お求めの本がす ぐに見つからないといけませんので、あらかじめ御連絡ください。

Q.古書籍の販売価格はどのように設定されているのでしょうか?
A. 古書籍の販売価格の設定は、仕入価格(競争入札)に諸経費などを加算して行 っています。弊店では適正な価格設定をしていますが、お客様の受け取る側によっ て高いと感じられたり、安いと感じられたりするのはあり得ることだと思います。
 仕入価格を安く設定すると欲しい書籍が競争入札などで買えなくなる恐れがあり ます。逆に高く設定すると売れなくなります。また、絶版や品切れ書籍であること を理由に高くなる場合もあります。
なお古書籍の場合は全部現金仕入れであるということも申し添えておきます。
Q.代金引換郵便で商品が送られてくるとのことですが、不在がちなので 確実に受け取ることができるか心配なのですが。
A. 留守が多い方の場合、配達日時の指定をしてお送りすることができます。
【ゆうパックの特長】
ご希望の日時に配達
翌日以降の希望の日時をご指定いただけます。(一部地域を除きます。)
ご希望の日時に配達

<配達日希望サービス>
差し出しの際、配達日(原則として配達予定日から起算して10日以内の日) をご希望いただければ、そのご希望の日に配達します(無料)。

<配達時間帯希望サービス>
差し出しの際、配達時間帯をご希望いただければ、そのご希望の時間帯に 配達します(無料)。

<配達時間帯の目安>
午前中
12時頃〜14時頃
14時頃〜16時頃
16時頃〜18時頃
18時頃〜20時頃
20時頃〜21時頃

なお「ゆうメール(冊子小包)」配達の時間指定はで きません。詳しくは郵便局のホームページをご覧下さい。
この回答を作成するために参照したページ
 → http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/option.html
 代金引換
   http://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/daibiki/index.html
 ゆうびんホームページ
   http://www.post.japanpost.jp/
※ゆうパック配達時間についての修正:日本郵便の「ゆうパック(書籍小包)」配達時間帯の修正をしました。(2012年1月22日)